実質的な拘束時間を減らす事が可能

1日の労働時間というのは法律によって制限されているのはご存じかと思う。基本的には8時間がその日に働ける時間の目安であり、それ以上の時間で働く場合は残業代を支払う事になる。雇用される側の人達が不当な扱いを受けない様に法律でそう定めている訳だ。だが、それよりももっと関心を持ってもらいたい事がある。それは、通勤に掛かる時間の問題だ。会社に無事辿り着けるだろうかというプレッシャーはかなり大きい。朝食だってもっとゆっくり食べたい所だが、それすらも難しいという人が少なくない。

この問題の解決の切り札として期待されているのが在宅ワークである。これなら会社に拘束される時間を最小限に抑える効果が期待できる。日本では1日8時間労働と建前的にはなっているし、確かに会社で作業する時間は最大でそれだけなのかも知れないが、そこに辿り着くだけでかなりの疲労度に達している人々は多い。朝起きた瞬間から自宅に帰って服を着替えるというのが会社に拘束されている時間だとすれば、実際には12時間位は会社のために使用していると言っても良い。

アナタが会社大好き人間なのだとすればそれでも構わない。苦しいどころかその方が快感だし、会社に奉仕するのが生きがいだという人もいるからだ。だが、それほど会社に対して強い思い入れがないのなら他の選択肢、つまり在宅ワークで働く事を選択肢の中に入れるべきだろう。これのメリットは言うまでも無く通勤に時間を掛けずに済む所だ。また、食事にしても仕事をしながら食べるという裏技も使える。これは大勢の人達の目の前だと出来ない行為だが、自宅なら何の問題もない。誤って飲み物をキーボード上にこぼしさえしなければ何をしても構わない訳だ。

在宅ワークは今の所それ程多いとは言えない。というかあるのだが、条件面があまり良くなかったリするのだ。ただ、何でも最初はそんなものである。時間の経過と共にこれらの問題点も解決に向かうだろう。”

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ