女性向け副業といっても男性向けと同じでは?

女性向け副業といっても男性向けと同じなのではないかと思う部分があります。まあ、チャットレディをするということになると、女性しかできないかもしれませんが、女装している男性がチャットレディをやることもあったりするのでしょうかね。チャットダンディみたいなものがあっていいように思いますが、今はまだないですよね?日中家にいる女性がチャットダンディを利用する…なんてことは起こらないのかな?女性はあのようなサービスを利用しないのかな?っていうか、チャットダンディをやる男性がいないのかもしれませんね。ということは、男性と女性で適性というのか、向き不向きというものがやはりあるということになり、女性向け副業というものも存在するということが言えるのかもしれませんね。ということはですよ、女性向け副業というようにあえて「女性向け」と付けるということは、そのお仕事はチャットレディということだと判断してもいいということになるのかもしれません。それにしても、チャットレディはやはり儲かるのでしょうか。儲かるというわけではなく、空いた時間を使って効率よく稼ぐことができるところが人気の秘密なのでしょうかね。詳しいことはわかりませんが、おそらくそういう部分が支持されている理由なのではないかと考えています。しかし、女性の副業というのはどういうことでしょう。女性の副業と言われると、専業主婦がやる副業というイメージがありませんか?男性の副業というと、フルタイムの会社に勤めている人がやるというイメージがあるのですが、女性の副業と聞くと、フルタイムの会社で働いている女性というよりも専業主婦がやるというように考えてしまいます。これは女性差別にあたりますか?フルタイムの女性がやる副業ということであっても、専業主婦であっても、副業ということでは一緒なのかもしれません。仕事の他に、水商売、たとえばキャバ嬢なんかをやったりする女性もいますよね。これも女性向けの仕事なわけです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ