会社員の副業って問題あるのですか?

正社員として雇ってもらい働いていても、お給料が少なければ食べていくのは大変です。自分は以前アルバイトを掛け持ちしていましたが、その時の時給は少なくて850円、多くて1000円を超えることもありました。月々の収入は20万くらいあったのですが、そこから納めるべきものを納めたらやっぱり少なくなっちゃいますよね。アルバイトなんて将来も同じように稼げるのかと言われたら、やっぱり無理かもしれないと思ったので、安定した正社員になることを決めたのです。
ところが地元で正社員として働くのは、アルバイトよりも収入が少なくなるということだったんです。手取りなんて12万そこそこ、これではとてもじゃないけれど食べていくことはできません。まあ親元から通っているので、食べていけないことはないのですが。今まで頑張れば頑張るだけ収入につながっていただけに、朝8時から5時半まできっちり拘束されて、どんなに頑張ってもこのくらいにしかならないんだと分かったら悲しくなりました。
以前だったらコンビニでさほど迷わないで好きな物が買えたのに、最近では値段を確認して比較してからでないと買えません。安定した職業って、たぶん良いことなのかもしれないけど辛いです。
そこで、本業の傍ら副業をすることを決意しました。折よく以前働いていた飲食店で、土日だけ夜のバイトをしてくれないかと連絡が来ていたのです。そこで承諾の電話を入れたのですが、その時ちょっと引っかかることを言われてしまいました。
会社員の副業を認めない企業もある、ということでした。お店の店長からそんなことを言われるとは思わなかったのですが、以前働いていた人が会社員の副業としてアルバイトしていて、会社と揉めたことがあったというのです。
就業規則に会社員の副業禁止みたいなことがあれば、働けないよと言われ、上司にさりげなく尋ねてみました。すると、上司はこう言いました。ああ副業ならみんなやっているよ、と。
だって給料だけじゃ食っていけないじゃない、と言われて、自分だけじゃないんだとホッとしました。会社も業務に差支えなければ目をつぶっているとの事、こうして無事に副業することができました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ