企業の宣伝に利用されるマンガを描いてみよう

漫画を描いてお金を稼ぐのは少し前まではハードルの高い事だったと思います。しかし、在宅ワークが広まってからは、多くの人達にとって簡単にできる事に変わったと言えるでしょう。

サービスの宣伝などで積極的に漫画が利用される様になったんですね。そんなのあったかなぁという感じかも知れませんが、本当にたくさん見かけます。通信教育企業が漫画を宣伝に利用しているのは多くの人達が見た事があるでしょう。なんとかゼミみたいな物の事です。学生時代に1ヶ月に1度くらいは郵送されてきたのではないかと思います。これは実際の紙ですが、今はネット全盛ですからネット上に表示させるという使われ方になります。

沢山の情報がひしめきあっている中で、自分の運営するサイトに注目してもらうための手段として漫画が重宝されているという訳です。文字というのは情報量は多いですが、視覚的なインパクトには欠ける面もあるのです。対して絵は、とりあえず簡単に理解するのに高い効果があります。

これらの漫画を有料で募集しているサイトがありますから、まずはそちらを見つけるという事になります。その上で、その依頼主の希望に沿う内容の物を描くというのが、この在宅ワークでやるべき事です。有難い事に求められているレベルはそれほど高くありません。同人誌即売会に参加した事がある程度の画力があれば問題は無いでしょう。

漫画を描くという在宅ワークが可能な人はそれ程多くないようです。いくら趣味で描いている人が多いとは言っても、自分の書きたい物ではなく相手側の望む内容ですから、どうしても少なくなるのでしょう。その分、お給料はかなり期待できます。

割のいい在宅ワークなのにも関わらず、意外とやる人が少ない今がチャンスです。どうも儲かるらしいぞと噂が広まってしまってからでは遅いでしょう。ただ、暫くの間は今の状態が続くと思うので、早い内に沢山漫画を描いて儲けておくのが良いのではないかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ