クラウドソーシングで隙間時間を利用した副業

サラリーマンの副業を考えた場合、現在お勤めになられている会社が、副業を認めているかいないかで、選べる仕事の幅が変わってくると思います。副業を認めていない会社のサラリーマンが、堂々と人目に付くような、コンビニや居酒屋で夜な夜なアルバイトをしていては、同じ会社の方に見られるリスクが高すぎます。誰にも知られずに、気軽に、自分の好きな時間に出来る仕事として、サラリーマンの副業としても人気がある、クラウドソーシングを利用することは如何でしょう。
クラウドソーシングは、企業からの仕事依頼と、仕事をしたい個人とを結びつける仕組みであり、仕事をしたい個人も、フリーランスとして生計を立てている方から、サラリーマンの副業や学生まで幅広い方が利用しています。専門的技術を要するような分野もありますが、サラリーマンが隙間時間を利用して作業するのであれば、ライティングの分野がお薦めです。体験談をブログ風に作成してみたり、ちょっとした知識を生かして、人の役に立てるような記事を作成したりするものですが、文章を作成するのが苦にならなければOKではないでしょうか。報酬は、500文字で80円~200円ほど。あまり選り好みせず、簡単に書けそうなものを、マメに取り組んでいくのが良いようです。500文字ならば、慣れてくると10分位で終えることも出来るので、通勤の電車の中や、仕事の休憩時間などの隙間時間を利用して、十分取り組むことも可能です。行き帰りの通勤時間に其々1記事づつ取り組み、帰宅後に、ゆっくり3記事ほど取り組むことで、1日5記事500円は固く稼げるのではないでしょうか。1日500円で、月間15,000円。サラリーマンの副業の場合は、主なお勤め先の収入以外から、年間20万円以上の収入がある場合に、確定申告をしなければならなくなるので、この辺りを目標額にするのが良いのではないでしょうか。
サラリーマンの副業に、クラウドソーシングの利用を検討されることを、お薦め出来ます。隙間時間の有効利用に、最適な副業だと考えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ