ネットビジネスで大きく稼げるジャンルは情報商材

ネットビジネスを目指している人にはもはや、常識であるレベルかも知れませんが、大きく稼げるジャンルは情報商材以外にありえません。なぜ情報商材があれほど、一般的に売られているような本と違って、高額な電子書籍なのか理解できてますか?本が4桁いくかいかないかのものばかりなのに、情報商材の電子書籍は4桁程度は少なくて、大抵は5桁、下手すると6桁くらいするようなものもあります。

これはどうしても情報を欲しいという人のニーズに対しての心理を巧みに突くことで買わせるのですが、残念ながら、まずそのランディングページにたどり着かせるのが大変なのです。なので、そのランディングページへ紹介してくれる人の存在がとてつもなく大きいため、ここに需要が生まれるというカラクリがあるのです。

たとえば、5万円ほどする電子書籍の情報商材を売っていたとします。その情報商材はマイナーなので、当然、誰かが紹介してくれないと売れません。そこで紹介屋として存在するのがアフィリエイターです。アフィリエイターはさまざまな商品やサービスを紹介することで、利益を得ています。情報商材も同様で、その5万円の情報商材を消化することで、もしユーザーが購入したなら、その分の一部をマージンとしてアフィリエイターに支払うということです。

その利率は商材によってマチマチなのですが、あまりに低くすると、アフィリエイターが紹介してくれません。誰の目にも触れないことが最大のリスクなので、なかなか魅力的な率を設定している商材屋が多い印象です。5万円の商材だったら、その半分の2万5000円ほどをアフィリエイターへ還元することも少なくなく、一発の稼ぎが大きくなるのです。

毎日1本ずつ売り上げるだけで、月収は75万円になるというとてつもない世界なのにお気づきでしょうか?これが情報商材をすすめることが大きく稼げるという理屈です。ネットビジネスで稼ぎたかったら、このジャンルを攻めればいいのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ