お金がないときは物を借りることで解決させる

食べていくだけのお金しか手元になくて一杯一杯の生活をしているときは、物を所有するのではなく借りる考え方が主流になります。所有するとどうしてもそれだけお金がかかってしまいますので、そうではなくて一時的に借りることでお金をかけないようにするのです。

 たとえば、どうしても自動車に乗らなければいけない用事ができたとき、そのために自動車を買追うと思ったら大金がかかってしまいます。ではどうすれば良いのかというと、レンタカーを利用すればその出費を安く抑えることができます。最近のレンタカーはかなり細かく時間設定をすることができますので、使う時間を限定していればそこまでお金はかかりません。自動車を借りることによりお金がなくても満足に利用することができます。

 また、最近ではレンタサイクルというサービスも広がってきています。これは自動車ではなく自転車を貸し出すサービスのことで、1ヶ月に1回か2回くらいしか自転車に乗らないのなら、新品を買うよりも低料金で借りてしまったほうがお得です。生活の便利さを享受しながらなおかつ低料金で済ませられるので、お金がないときにはぜひとも重宝したいサービスです。

 さらに、人脈があるならいろいろな物を借りることができます。若い人の場合、マンガ、ゲームソフト、音楽CDなどを買うのではなく知人や友人から借りるという人も多いはずです。それらを一定期間借りて返すならお金はまったくかかりませんのでお金がないときはとても助かります。

 必要なときに必要な分だけ借り、その借りた分に対してお金を払うのなら、無駄なお金は払わなくても済みます。お金がないときはそうして所有しないことでお金をかけないようにしなければならず、それを行うのと行わないのとでは出費額にかなりの差がでます。

 そうして節約を重ねていけばかなりの額違いが出ますので、お金がないときは安易に買わず借りて済ますアイデアをどんどん出していかなければならないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ