最近の在宅ワークは昔とは全然違うようだ

最近ネットを使った在宅ワークをしている。
もちろん箸の袋詰めとかじゃなくて、ネットライターの仕事。仕事は割と何でもあるから、自分でやりたいって思った仕事をチョイスして、後はクライアントが欲しがっている記事を書くだけ。

ライターって聞くと難しいように感じかもしれないけど、自分の体験に基づいた話や、記事を書く前に調べ物をしてから書くから、膨大な数の豆知識がついていく。
今までに1回も脱毛なんてやったことないのに、今や脱毛についての知識は、ちょっとした専門家レベルだと思う。

あとはキャッシングもそうだな、今まで一回も借金なんてしたことないのに、どこから借り入れすれば、一番お得に借り入れるかすぐにわかる。
昔の古代人は、豆を食べていた、なんてしょうもない雑学じゃなくて、実際お金に繋がる豆知識を蓄えていけるので、この仕事もそんなに悪くないなって思うようになった。

在宅ワークって言えば、そんなに稼げない印象を持っているかもしれないけど、最近仕事が順調にできるようになったから、今では、毎日5000円稼いでいる。
メインの仕事が終わった後に、帰宅して寝るまでの時間に5000円稼いでいる。もちろん仲良くなったクライアントさんがいて、その人から単価の良い仕事をもらっているからってのも理由にある。

それでも、仕事以外で毎日5000円稼いでいたら、30日計算で15万円になる。お小遣いというには、少し稼ぎすぎたくらいの金額だと思う。
自宅でこれだけの金額を稼ぐことができるなら、わざわざ通勤して、バイトに行く意味がないって本気で思う。こんな在宅ワークが昔からあったら、絶対に学生時代に本気でやっていたと思う。

個人的にタイピングすることも好きだし、雑学も結構好き。自分は、この仕事が意外と好きなので、これからも続けていこうって思っている。
タイピングもブラインドタッチができるようになったし、メインの仕事でも結構役立つ知識を蓄えて行っていると思う。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ