サラリーマンの副業としてライターをやっています

私はサラリーマンです。会計士の資格を持っているので、会社では会計を担当しています。しかし、私には別の顔もあります。私はライターでもあるのです。ライターといっても、雑誌などで執筆するようなプロのライターではありません。ネットのブログを代筆するような慎ましいライターです。しかし、ライターになることが子供の頃からの憧れだったので、私はサラリーマンの副業としてのライター生活を楽しんでやっています。

ネットが普及したおかげで、仕事が多様になりました。今ではネットで見知らぬ誰かに仕事を発注して、ネットで見知らぬ誰かから仕事を受注するなんてこともできます。いわゆる、クラウドソーシングと呼ばれる新しい仕事形態です。これがサラリーマンの副業にはぴったりなんです。クラウドソーシングには様々な仕事があります。翻訳やwebデザイン、データ入力などなど。文章のライティングもそのうちの一つです。私はクラウドソーシングで仕事を受注して、ライターのお仕事をしています。

ライティングの主な内容は、旅行情報や最新カメラの記事などです。旅行とカメラが好きな私にとって、これらのテーマについては楽しんで書けます。サラリーマンの副業といっても、趣味についてあれこれ書くだけなのですから気楽なものです。幸いなことに、文章のクオリティもそこまで高いものは求められていません。みんながブログに書くような軽い感じの記事でいいのです。それくらいなら私にも書けますし、仕事の合間にこなす副業としては最適です。もちろん、クオリティが問われないと言っても、商品として文章を書くわけですから、適当なライティングを納品することはありません。コピペなど論外です。可能なかぎり、クライアントの要望を満たすような文章を書くよう努めています。

残念ながら、ライターで得られる収入はさほど良いものではないのですが、趣味を兼ねてやっている仕事なのですから文句は言えません。それに、これはあくまでサラリーマンの副業としてやっていることなのですから、月に数万もいけば御の字というものでしょう。いつか胸を張ってライターを副業にしていると言えるように、文章力を鍛錬していきたいと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ