住むところを定着させてから在宅副業

 在宅副業をするならば、住むところをしっかりと定着させなければならないという大前提があります。いくらその働き方を望んでいたとしても、住むところが定着していなければできません。

 たとえば賃貸の場合は家賃を払い続けていかなければ退去勧告されてしまうかもしれませんし、更新手続きをうっかりすっぽかしてしまったらそれでも住めなくなってしまうのかもしれないのです。また、それは一軒家についてももちろん同じで、仕事場をしっかりと用意して落ち着いた環境を作っておかなければならないのです。

 自宅が仕事場になるということは、仕事場としての機能が果たせるようにしていくということです。それはただ単に場所が用意できていればそれで良いというわけではなく、その場所の維持と管理が両方できるようにしておかなければいけないということなのです。そのことをしっかり理解できていないと、住むところが定着していないがために在宅副業もできないということになり兼ねません。そうなると他で収入を得なければいけませんので、収入源が限定されることによって困ってしまいます。

 住むところをしっかりと定着させるのは、簡単なようでいて意外に難しいです。それらに関わらるさまざまな手続きがありますし、そこを他の家族任せにしているとダメな場合もあります。難しいことでもしっかり理解していなければなりませんし、それができていてこその在宅副業という意識を持たなければならないのです。

 これからの日本は在宅副業をする人が増えてくるのかもしれませんが、それはきちんとした住まいがあってこそのことで、その基本を忘れてしまってはいけないです。ただ単に憧れているだけではその事実が見えてきませんので、そうしたことは現実的に調べていった過程でないとなかなか実感しないです。在宅副業というとどういう仕事をするかをまず考えますが、その前に住むところの環境を整えないと始めることすらできないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ