私もユーチューバーになってみた

病気で会社を休んでいるので、在宅で出来る副業を探していました。私も世の中に流れにしたがってネットビジネスをやってみたいと思っていたのです。しかし、私にはプログラミング能力がないので、アフィリエイトブログを作成するのは、なかなか難しいようです。無料のブログサービスも覗いてみましたが、野暮ったいサイトデザインが多くて、あまり気が進みません。アフィリエイトブログ以外で、何かよいネットビジネスはないかなと思慮していたところ、ユーチューバーというネットビジネスに出会いました。

ユーチューバーとは、youtubeでオリジナルコンテンツを発表することによって広告費を稼いでいる人たちです。日本で最も有名なユーチューバーはヒカキンという人で、年間1億ものアフィリエイト益を稼いでいるようです。私の甥も彼のことが大好きなようで、この夏にお見舞いに来てくれた際には、一緒にヒカキンのyoutubeを閲覧しました。私がユーチューバーで稼いでみようと思ったのは、その経験がきっかけです。

ユーチューバーになるために最低限必要な条件は動画を撮る機材と動画編集能力です。私はこれらには不足するところがなかったので、アフィリエイト・ブログよりも気軽に始めることができます。動画を撮るための一眼レフカメラを持っているし、動画編集は昔からの趣味です。ユーチューバーになるために新しく動画の勉強をする必要はありません。しかし、いくらキレイに動画を撮れて、上手く編集できたとしても、コンテンツがつまらなければ誰の目にも触れることができず、お金を稼ぐこともできません。そこで私はネットビジネスになるようなコンテンツはどのようなものかを考えてみることにしました。

そこで思い出したのが前述の甥のことです。彼は小学生ですが、仲間内ではユーチューバーが大人気で、将来の夢がユーチューバーになることだと言う友達も少なくないようです。ひょっとしたらユーチューバーの稼ぎを支えているのは小学生たちなのかもしれません。私も小学生をターゲッティングしたユーチューバーになることに決めました。具体的には、小学生が好むようなスマホゲームの紹介動画を作ろうと思ったのです。

私がこれまで作ったのは、マインクラフトや妖怪ウォッチのような小学生に人気のあるスマホゲームのプレイ動画です。それらをyoutubeにアップデートしてみたところ、ささやかながらも利益を上げることができています。もちろんヒカキンのように1億も稼げているわけではありませんが、私の望みは会社を休んでいるあいだだけでも細々とネット副業することです。その意味では十分成功と言える稼ぎです。ネット副業を探している人は、ユーチューバーというネットビジネスを試してみるとよいのではないでしょうか?大儲けはできないけれど、そこそこでよいのなら案外稼げるビジネスだと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ