安売りは厳禁、その内に売れるので気楽に

ネット副業で物を売ろうとした時に、価格を幾らにすれば良いかは案外悩みどころである。安くすれば買ってもらえる可能性が高くなるが、その一方で副収入は少なくならざるを得ない。だからと言って単価を上げれば、誰も買ってくれないのではないか、という訳だ。

物によるとしか言えない面もあるが、概ね高めにしておけば良いというのが私の結論である。ネットで検索すればどこが最安なのか分かる時代に、そんな事をして大丈夫なのかと言うかも知れない。だが、意外と最安を調べるのは難しかったりする。

アナタ自身にしても一発でそれを見つけたという訳ではないだろう。何十分、時には何時間も検索し続けた結果として安い商品を見つけていたりする。つまりはヘビーユーザーのやり方なのだ。それ以外のライトな消費者はそこまではしない。幾つかの店舗毎に見比べる事はあるかも知れないが、そこまでだろう。

一般消費者という括りが適切かはともかくとして、殆どの人達はそこまで価格にシビアではない。これは意外な事に低所得者層でも当てはまったりする。要するに長々と選ぶ事自体が面倒なのである。普段の生活が忙しいから休日の時間を無駄にしたくは無い。そのため、一つ一つを細かく見ていられないという訳だ。

ネット副業では、これらの人達をターゲットにして商売すべきだ。安値を競うやり方は、お客さんとしては嬉しいだろうが、経営側からすると体力を消耗してしまう。短期的に商売をするだけなら良いが、何年も続ける予定なら、これは得策ではないだろう。

よって、ネット副業では標準的な価格にするようにしよう。この時直ぐに売れないからといって焦る必要は無い。今すぐ売り切らなければいけない様な品物ならともかく、その内売れれば良いというものなら尚更だ。1日、2日くらいで我慢できなくなって値下げしていてはキリがないのである。気長に気楽にテレビでも見ながら待っていればいい。その内に注文が入り良い副収入になるはずだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ