在宅副業「クラウドソーシング」が主婦らに人気って?

『在宅副業「クラウドソーシング」 主婦らに人気』という記事が新聞に出ていました。在宅副業のクラウドソーシングというのは何なのでしょう。クラウドソーシングが主婦らに人気というタイトルですから、在宅副業をやっている主婦がいるということなのですね。ネットで受注して、「家事の合間に」仕事をしているということのようなのです。企業が、在宅でできる業務などをインターネットで個人に外注する仕組みのことを「クラウドソーシング」というそうで、そのクラウドソーシングを利用する人が増えているということのようです。
簡単な文章を書いたり、データを入力したりするなど家事や育児の合間にできる仕事が多く、主婦らに人気があると紹介されています。企業とのやり取りはネットでできて、利用の際は情報管理など注意も必要だということです。家事や育児の合間にできるというのは主婦にとってはいいでしょうね。
横浜市の主婦が紹介されていましたが、自宅で家事の合間に、生活情報サイトなどに掲載される文章を書いているのだそうです。自分が愛用している美容品や服についての感想などを、月に20本ほど書いて、報酬は月2、3万円なんだそうですよ。「家族との時間を大切にしながら、仕事のやりがいも得られる」と話していました。月に20本ほどで2~3万円ですか。時間ということだとどのくらいなんでしょうね。
この主婦の方が使っているのがクラウドソーシングサイト「シュフティ」なのだそうです。企業側が依頼したい仕事が約3000件掲載されていて、簡単な文章作成やデータ入力など、経験がなくてもできるものだけでなく、ホームページの制作や商品ロゴのデザイン作成、翻訳など、専門能力が求められる業務も多いということです。専門能力を在宅で生かすことができるということであれば、たしかに主婦の方も使うことができそうですね。利用者は現在、14万人強もいるそうで、その8割が女性で、その半分近くが主婦なのだそうです。報酬は月1、2万円の人が多いということです。1、2万円でも助かりますよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ