在宅副業として洋裁の仕事を始めた友人

小学校時代から仲の良い友人が、最近在宅副業として洋裁の仕事を始めました。
彼女はもともと手芸が得意で、小学生の頃は手芸部に入って活躍していました。今ではすっかり裁縫が苦手な私ですが、小学生の頃はフェルトで小物を作ったりビーズで小物を作るのが好きだったので、その友人と一緒に手芸部に所属していました。
友人の夢は自分で作った服や小物を売ることでした。
その夢が叶うといいなと私はずっと応援していました。
友人は高校を卒業してからずっと雑貨屋に勤めていましたが、結婚を機に仕事を辞めました。
また派遣などで仕事をすることも考えたそうですが、そんな時に在宅副業はないかと思いついたそうです。
今は在宅副業もたくさんあります。自宅で記事を書いたり、デザインをしたり、翻訳などの仕事もあります。
そして、洋裁の仕事もあると思いました。それで友人に自宅で洋裁の仕事をしたらどうかと提案してみました。
それがきっかけで友人は自宅で洋裁を始めて、色々な小物を作ったりするようになりました。主にお菓子のマスコットだそうで、それを作るのが楽しいといいます。
その小物を以前勤めていた雑貨屋に置いてみたところ、かわいいと評判になりとても売れるそうなのです。
友人は嬉しくなりどんどん作っていきました。
外で仕事をするよりは稼げないかもしれませんが、自分のやりたい仕事をするというのはとても気持ちがいいものです。
友人は小さい頃からの夢をついに実現したことになります。
私はそれを聞いてとても嬉しくなりました。
友人が作った小物を私ももらったことがあり、とてもかわいいお菓子のマスコットで子どもたちが喜んでいました。
そんな素敵な小物を作れる友人は本当に才能豊かなんだと思います。ぜひこれからもその才能を生かしてたくさんのかわいい小物を作ってもらいたいなと思います。
今度友人の勤めていた雑貨屋に遊びに行って、友人の作った小物が並んでいるのをゆっくり見たいと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ