在宅ワークで作られているダイレクトメール

ダイレクトメールなどと呼ばれているものが自宅の郵便受けの中に入っていたという事はよくあるはずだ。そんなに見ていない人も多いだろうが、稀に自分の関心のある情報も含まれているため、それがきっかけで何らかの商品なりサービスを購入した経験のある人もいるかと思われる。

ところで、これらのダイレクトメールはどのようにして製造されているのだろうか。実はという程の事でもないのだが、その殆どが在宅ワークによる手作業でつくられている。沢山の数を作るから機械化してしまった方が良いのではないかと思われるかもしれないが、実際には簡単な事では無い。ロボットというのは同じ商品を作る時には適しているのだが、封筒の様に様々なサイズがある物には対応し辛いのだ。何百万通と作るのであれば、それも現実的になってくるかもしれない。だが、現実にはそれだけの数を作る事は無いだろう。そうなると結局、人間による手作業が最も安く済むという事になるのだ。

封筒の内部に指定された用紙を1枚、または複数枚入れて行く。この時に注意しなければならないのは紙を破ってしまわない様にする事だ。そんな失敗をする訳が無いじゃないかという人も一部にはいる事だろう。しかし何千枚もの作業をこなしている内に集中力が途切れてしまう事があるのだ。ちょっと雑に入れようとした瞬間にビリリとやってしまう可能性も出てきてしまう。

ただ、在宅ワークではこの様な失敗の可能性に備えるため、10枚くらいは予備が用意されているのが普通である。あまりにも失敗してしまう様だと困ってしまうが、そうでないのなら過剰に神経質にならなくても大丈夫である。むしろ問題なのは、微妙に破れてしまったものをそのまま封筒の中に入れてしまう事だ。こういうのの方が会社側としてはキツイのである。大した問題では無いのでシッカリと在宅ワークの運営会社に連絡するようにしよう。まぁ、特に叱られるという事もなく許してもらえるはずだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ