在宅ワークのメリットとデメリット

近年になって、在宅ワークが一般の人でもやりやすくなった背景には、インターネットの爆発的な普及による影響がとても大きいと考えられます。実際、仕事内容を選ばないならば、パソコンとインターネット環境があれば誰でも出来るといっても過言ではありません。中にはスマートフォンさえあればできるといった仕事もあるようです。もちろん一言で在宅ワークと言っても、仕事内容は数え切れない種類が考えられますが、特別な資格や才能が無くてもこなすことができる仕事もたくさんあります。

また仕事を依頼する側からしても、人を雇ったり、仕事をするにあたって作業場所を確保したり、労務管理をしたりというコストを減らすことができます。在宅ワーカーに任せられるところは任せてしまった方が都合がよいことが多いため、仕事を依頼する側も積極的になっていると言えます。

在宅ワークのメリットは、時間に縛られず、自分のスタイルに合わせて働くことが出来る点です。典型的な例としては、主婦が家事の合間に仕事をすることで、家計を支えるということでしょう。実際の仕事の依頼も、主婦歓迎と言った文言がよくみられます。子育てや家族の都合で仕事を抜けなければならないようなことがあっても、基本的には自分のスケジュールは自分で管理しますので、柔軟に対応することができます。

在宅ワークのその他のメリットとしては、人間関係の悩みがないということが挙げられます。企業などで働くと、どうしても上司や同僚との人間関係は避けられず、会社独特の雰囲気というものもあります。雰囲気が合えば仕事は楽しいが、合わなければ出社自体が憂鬱という話もよくあることです。在宅の場合は自宅で行うため、このような悩みからは開放されます。

デメリットとしては、収入が安定しないということが一番でしょう。基本的に継続した雇用とは異なり、仕事単位で受注をすることが多いですので、仕事があれば収入も多くなりますが、逆に仕事がなければ生活に困るという可能性もあります。また、全ての仕事やスケジュール管理を自分でこなさなければならず、体調を崩した時でも、自分の代わりをしてくれる人がいない場合が多いといったデメリットもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ