在宅ワークのメリットデメリットについて

現在は不景気であることもあり、在宅ワークをしている人が珍しくない時代になりました。在宅ワークと一言で言っても種類はたくさんあり、手作業系の仕事からネットでの仕事等様々あります。ここでは在宅ワークのメリットとデメリットを見てみます。まずメリットですが、自分の都合や家庭の事情に合わせて仕事ができるため、外で仕事ができない人でも家で仕事を持てると言う事です。特に小さな子供がいる家庭や両親の介護をしている人、病気持ちで外で働くことができない人等にとっては、自分の都合に合わせて働けるので、仕事のスケジュールもある程度調整が可能です。例えば小さな子供がいる家庭では、子供が寝ている時間に働くようにしたり、病気持ちの人であれば体調が悪い時は在宅ワークの仕事量を減らす等、自分の体調や都合を優先させることができます。その点は大きなメリットです。他のメリットとしては、仕事量をあらかじめ調整しておくことができるという事です。手作業系であれネットの仕事であれ、前もって自分ができる範囲でのみ仕事をするように調整してもらう事ができます。また他のメリットとしては、在宅ワークをしていることを他の人に知られにくいという事があります。家での仕事になるので気兼ねなくできますし、他の人に気をつかうことなく、のびのびとできるのもメリットの一つです。それではデメリットですが、どうしても外で働く時給に比べてお給料が低くなるという事です。特殊な分野での在宅ワークでない限りは、単価は低めに設定されているケースが多いです。それは在宅ワーク自体がそういう傾向にあります。他のデメリットとしては、納期がある場合は納期に間に合うように仕事をしなければならない、という事です。自分や家庭の事情を優先することができる半面、納期に間に合いそうにない時は徹夜での作業等になります。在宅ワークは基本的に結果報酬なので、仕事に対する結果がなければ費やす時間がどれだけあっても収入にはなりません。在宅ワークを始める際には、上記のメリットデメリットをよく理解しておくことが大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ